Excel2016「条件付き書式」を行で設定する

条件付き書式_列ごとの図

 


条件付き書式はセル単位になりますが、ある条件に一致したらその行すべてを塗りつぶしたいこともあるかと思います。
例えば、顧客管理表があって、支払が済んだ顧客の行すべて灰色にして他の顧客と一目で区別がつくようにするとか。その方法を説明します。

 

条件付き書式を行単位で反映させる方法

表(リスト)に、セルの結合があると作成できません。

表(リスト)を範囲選択し、タブ「ホーム」の「条件付き書式」▼のプルダウンから「新しいルール」をクリック。

条件付き書式_列ごと

 

「新しい書式ルール」が表示されるので、
「数式を使用して、書式設定するセルを決定」をクリック。

条件付き書式_列ごと2

 

次の数式を満たす場合に…の欄をクリックしてから、条件を入れる列のタイトル行セルをクリック。

条件付き書式_列ごと3

 

続けて条件を   =”〇”  と入力します。。

ここでは、O(まる)を入力したらバックが灰色にする(グレイアウト)の設定をします。

条件付き書式_列ごと4

 

灰色にする書式設定をするため、「書式」をクリック。

条件付き書式_列ごと5

 

「セルの書式設定」が表示されるので、タブ「塗りつぶし」で色を選択し、OKをクリック。

条件付き書式_列ごと6

 

OKをクリックで新しいルールを閉じます。

 

〇が入っている行が灰色に塗りつぶされました。

条件付き書式_列ごと8

 

他の行でも反映されるか確認してみましょう。
2つ下のセルに〇を入れると、同様に背景が灰色に塗りつぶされます。

条件付き書式_列ごとの図

 

 

 

役に立ったよー、の方はプチッとお願いします。

ブログランキング用6

 

【よかったら読者登録してね!】